ブルーノ・マーズ、アデルの「女王様ぶり」を明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーノ・マーズが、アデルは一緒に仕事をしたときは女王様のようだったと発言した。アデルの最新アルバム『25』に収録されている楽曲『オール・アイ・アスク』をアデルと共同で書いたブルーノが、アデルは女王様のようで、何かが気に入らない場合それに対して遠慮無しで発言するような態度だったとニューヨークのラジオ局KTU103.5FMの番組に出演時に明かした。

「彼女がスタジオに入ってくると、この態度だったね。彼女は女王様だったよ。『これはやりたくない、あれは嫌』ってね」

しかしながら、2人がよい感触を得たらすぐに天才的な曲にたどりついたのだという。「何個かコードをひくと、彼女は気に入って、そこからどんどん進みだしたんだ。それであの曲のかたちができたってわけさ」

さらに、ブルーノはレコーディングの時の驚くようなエピソードにも触れ、「彼女がブースで歌っているときがあったんだけど、大げさに言ってるわけじゃなくて、水が振動してたんだ。まさしくあの『ジュラシック・パーク』のシーンのようにね。彼女の中には何個かパイプがあるんだろうね。スーパースターだよ」と当時を振り返った。

そんなアデルの女王様ぶりを明かしたブルーノだが、また一緒にコラボしたいと願っているようで、「彼女が何を待っているのかわからないけど、アデルと一緒にやりたいね。メールを送って連絡してね!」とアデルにラブコールを送った。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop