カーラ・デルヴィーニュ、新作『フィーヴァー・ハート』でアレクサンダー・スカルスガルドと共演へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーラ・デルヴィーニュとアレクサンダー・スカルスガルドが新作『フィーヴァー・ハート』で共演するようだ。ベン・ブライアンドがメガホンを取るこのゴシック・スリラー作では、カーラ演じるサーカスの射手がアレクサンダー演じる記憶喪失の男性と記憶を取り戻す旅に出る姿が描かれる。

ザ・ハリウッド・レポーターによれば、2人の主人公はブラッド・リーバーマンという悪役に追いかけられることになるというが、その役を誰が演じるかは分かっていない。

マイケル・ベネットとナディーン・ドゥ・バロスが製作総指揮、マーゴット・ハンドとマット・ドゥーリーがプロデューサーをそれぞれ務める方向で、ブライアンド監督がケヴィン・W・コーラーと共同執筆した脚本を基に来年にも撮影が開始される。

バロスはカーラとアレクサンダーのコンビが「パーフェクト」であると絶賛しており、ブライアンド監督との仕事も待ちきれない様子だ。「私はベンの作品の大ファンなの。彼と一緒に仕事をする機会が得られて大感激しているわ」「ベンとケヴィンの脚本はとてもハラハラさせられるものだし、アレクサンダーとカーラはこの作品にパーフェクトよ」

そんな新作への出演が決定したカーラだが、来年1月にはデイン・デハーンと共演したリュック・ベッソン監督作『ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ』も控えている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop