離婚したデヴィッド・ウォリアムズとララ・ストーン、 財産分与に決着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英コメディアンのデヴィッド・ウォリアムズとオランダ人モデルのララ・ストーン(31)が、財産分与において決着がついたようだ。1年2か月前に離婚が成立して以来、2人合わせて1900万ポンド(約24億円)あるという財産の分与において法廷で争ってきた2人が8日(火)、2回目の審問を迎え、30分にわたる話し合いの末に合意に至ったようだ。

2人の代理人が合意に至った旨を裁判官に伝え、裁判官はマスコミに対し、審問に出席していた2人の名前を述べることと審問があったと報じるのは許可したが、その合意条件を公にすることを禁止した。

2015年9月にデヴィッドはララの「不合理なふるまい」を理由に離婚を申請し、翌日には申請6週間後に離婚が成立する仮判決を受けていた。

デヴィッドが離婚申請をする6か月前に2人の関係は実質終わっていた。

3歳になる息子がいる2人の結婚生活に陰りが見え始めたころ、ララはジャスティン・ビーバーと一緒に半裸姿で広告に登場していた。

ララは今年、カンヌ映画祭でモデルのジョーダン・パレット(19)といちゃいちゃしているところを目撃されて交際が囁かれ、デヴィッドはプレイボーイ誌のモデル、エミリー・アグネスと交際しているとみられている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop