カニエ・ウェストの伝記映画が製作へ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カニエ・ウェストが自身の人生を描いた映画の製作に向けてウィル・フェレルと話し合いを進めているという。リアリティ番組スターのキム・カーダシアン・ウェストを妻に持つカニエは、自身の成功の軌跡を描いた伝記映画の製作に向けてウィルに助けを求めたようだ。

ディッシュ・ネイションによれば、同作に向けてメールでかなり意見交換をしているそうで、カニエは真剣な伝記映画というよりもジョーク満載のコメディタッチの作品にしたいと考えているという。ある関係者は「カニエはずっと前からこの話をしていましたので、ウィルとアイデアを交換しているところなんです」「自分の姿を真剣に描くというよりも、コメディ作品にする必要があると感じたようです。説教じみた映画ではなくてね。自分が好きな映画のように、笑うところに溢れた見やすい映画にしたいんですよ」と語っている。

同作に向けては、ウィルの長年のコラボレーターでカニエが好きな『俺たちニュースキャスター』『タラデガ・ナイト オーバルの狼』『俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-』でタッグを組んでいるアダム・マッケイ監督に白羽の矢が立てられているとみられている。

また、カニエは俳優に自分を演じてもらうことは希望していないようで、自らが出演しようと考えているようだ。「カニエはウィルとそのコメディ作のパートナーであるアダムと色々なアイデアを交換しています。若手俳優に自分を演じてもらいたくはないようですね。その代わり、自分の部屋で歌詞を書いている13歳の自分まで自分で演じると提案しているようで、大げさに描くためにギャグっぽい矯正具までつけるといっていますよ。ウィルとアダムはそのアイデアも十分にあり得ると考えているようで、十分にコメディの要素をつめられると感じているようです。カニエの助けがあれば、2人がこれまでに生み出した作品と同じくらい面白いコメディ作品が作れると踏んでいるようですね...2人はカニエがすべてをさらけ出せば、カニエのファンだけでなく幅広い客層を惹きつけるコメディ作を作りだせる大きな見込みがあると感じています」と前述の関係者は続けた。

カニエは、ウィルとアダムが再タッグを組んだ2013年『俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク』にカメオ出演した経緯もある。カニエは以前からウィルのことを称賛しており、「生存する神」でありその存在は「恩恵」であるなどと発言していたことがあるほか、「彼は俺の個人的な神だよ。『ザ・カニエ・ウェスト・ストーリー』ではウィル・フェレルに俺を演じて欲しいね」と口にしていたことさえあった。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop