マット・デイモン、『オーシャンズ11』女性版にカメオ出演!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マット・デイモンが『オーシャンズ11』の女性版『オーシャンズ8』にカメオ出演することがわかった。2001年作『オーシャンズ11』、2004年作『オーシャンズ12』、2007年作『オーシャンズ13』にライナス・コールドウェル役で出演していたマットが、女性版としてリブートされる『オーシャンズ8』にカメオ出演することを今回明かした。

『オーシャンズ8』にはアン・ハサウェイ、サンドラ・ブロック、ヘレナ・ボナム=カーター、ケイト・ブランシェット、サラ・ポールソン、リアーナ、ミンディ・カリング、ラッパーのオークワフィナことノラ・ラムが出演することが決まっている。

現在のところストーリーの詳細は明らかになっていないものの、メットガラで起こる強盗事件を中心に繰り広げられる物語になると言われている。

先日米情報番組『エンターテイメント・トゥナイト』のインタビューの中でマットは、同作品について多くのことは語ることはできないとしながらも「あの映画に少しだけ出演するよ。まだ脚本は読んではいないけどね。でも出演陣は最高だから、あの女性たちがこの作品の中でどんな作品をつくるのかとても楽しみにしているよ。間違いなく楽しいものになると思うんだ」とコメントしていた。

マットは以前にも、同作品のことを「素晴らしい作品になると思う」と語り高い期待を寄せていた。

さらに同作品のメガホンをとるゲイリー・ロス監督は先日、この新作が「オーシャンズ」シリーズの「延長であり継続」的な作品になると話していた。

期待高まる『オーシャンズ8』の公開予定日は2018年6月8日となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop