コールドプレイ、2017年にEPリリースへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コールドプレイが来年、新曲をリリースすることになった。クリス・マーティンがフロントマンを務める同バンドが新曲作りを進めていることを認め、現在のところ『カレイドスコープ』と題されたEPのかたちでリリースされる予定だという。

バンドの公式ツイッターでは「みんな、ハロー。来年に向けて、新曲作りをしているんだ。『カレイドスコープ』っていうEPになるよ」と発表されている。

昨年12月に第7作目となるLP『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』をリリースしていたが、クリスはそのアルバムが最後の作品となるかもしれないとほのめかしていたこともあった。「これは俺たちにとって7作目になるんだけど、それを『ハリー・ポッター』の最終作みたいなもんだと捉えているんだ」「『ゴースト・ストーリーズ』からすぐにまたスタジオに戻ったのは最高だったね。かなり違ったサウンドの作品を作っているからさ。これが俺たちの最後の作品と見ているけど、そうでもしないと全てを注ぎこもうと出来ないからね」

そんなコールドプレイは名声を得る前の90年代後半、1998年に『セイフティ』、翌年には『ブラザーズ・アンド・シスターズ』と『ザ・ブルー・ルーム』とEPを3枚立て続けにリリースしていたことがある。2000年に、デビューアルバム『パラシューツ』からのシングル『シヴァー』で一躍有名になり、同年6月にシングル曲『イエロー』でイギリスのシングルチャートで第1位を獲得し、その人気を不動のものとした。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop