アリシア・シルヴァーストーン、ウール着用反対キャンペーンのためにヌード姿に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『クルーレス』などで知られる女優アリシア・シルヴァーストーン(40)がウール着用反対キャンペーンのためにヌード姿になった。動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)がここ数十年において展開している動物虐待や洋服製造のために殺された動物たちに焦点を当てた「アイド・ラザー・ゴー・ネイキッド」シリーズの一環である「#WoolFreeWinter」というキャンペーンで、アリシアはその広告に一糸まとわぬ姿で登場している。

PETAとのインタビュー動画の中で、アリシアは「本当に早いの、毛を刈る作業って」「(羊たちは)刈られて、傷ついているわ。かなり深刻な傷を負うし、その傷に対しての考慮も全くないの。『次に行こう』って感じなのよ」と毛を刈る過程の残酷さについて語り、また自身が2度とウールを購入することはないと強調した。

セレブリティ写真家のブライアン・ボーエン・スミスが撮影を担当したキャンペーン広告には、緑林の中でヌード姿になったアリシアが登場し、「ウールを着用するより裸を選ぶ。ヴィーガンのものを着よう」というメッセージが掲げられている。

PETAの過去のキャンペーンではパメラ・アンダーソンも登場しており、肉の生産過程でどれだけ多くの水が無駄になっているかという問題点を喚起するためにヌードになっていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop