ジョン・トラボルタ、『アメリカン・クライム・ストーリー』出演の決め手はトム・ハンクスだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョン・トラボルタは『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』への出演をトム・ハンクスとスティーヴン・スピルバーグから推されたそうだ。同ドラマでO・J・シンプソンの弁護士ロバート・シャピロを演じたトラボルタは、その全10回のドラマへの出演を引き受けるかどうか4カ月も迷っていたというが、トムとその妻リタ・ウィルソン、スピルバーグの助言が決め手となったのだそうだ。

元アメフト選手シンプソンの元妻ニコール・ブラウンの殺害容疑における1994年の裁判をテーマにした同番組についてGQ.comで語ったトラボルタは「スピルバーグとオプラ(ウィンフリー)、リタとトム・ハンクス。そして(元ディズニーCEO)マイケル・アイズナーがみんな口を揃えてやるべきだと思ったんだ」「特にスピルバーグとアイズナーは乗り気だったね」と明かしている。

40年に渡ってエンターテイメント界に君臨するトラボルタは、誰でもキャリアには頂点があるものだが、傑作に恵まれるという保証はないと続けた。「キャリアには質が高く、奥が深く、人との対話を促し、社会的なレベルで影響を及ぼすことに参加できる時があるんだ。それが『パーフェクト・カップル』であろうがタイム誌の表紙であろうが、『パルプ・フィクション』であろうが『サタデー・ナイト・フィーバー』や『アーバン・カウボーイ』であろうが、その時を迎えて世界的な社会に影響を及ぼしていると感じられたら、違ったタイプの誇りを持てるものさ。成功という誇り以上のね。完全性の誇りとでも言うのかな?」「でもそういうことを味わえる作品に参加できるという保証があるわけではないのさ。そのチャンスがあると本当に分かるものさ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop