『ラ・ラ・ランド』、今年度の放送映画批評家協会賞で12ノミネート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ラ・ラ・ランド』が今年度の放送映画批評家協会賞で最多となる12ノミネートを受けた。デミアン・チャゼル監督が描く壮大なミュージカル映画は最高賞となる作品賞をはじめ、監督賞、エマ・ストーンへの主演女優賞、ライアン・ゴズリングへの主演男優賞、さらに歌曲賞に2曲がノミネートされている。ライアンはコメディ部門でも映画『ナイスガイズ!』の役どころで主演男優賞の候補に挙がっている。

『ラ・ラ・ランド』に続き『ムーンライト』『メッセージ』が作品賞を含む10部門でノミネートされている。

作品賞には『フェンス』『ハクソー・リッジ』『ヘル・オア・ハイ・ウォーター』『ライオン』『ラヴィング』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』『ハドソン川の奇跡』が名を連ねている。

過去10年間においては、放送映画批評家協会賞で作品賞に輝いた8作品がその後開催されるアカデミー賞で作品賞に輝いてきた。

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』は多くの出演陣たちが賞にノミネートされており、アンサンブル演技賞をはじめ、ケイシー・アフレックが主演男優賞、ミシェル・ウィリアムズが助演女優賞、ルーカス・ヘッジズが助演男優賞と若手俳優賞にも選出されている。

今月初めにはテレビカテゴリーのノミネートがすでに発表されており、FXミニシリーズ『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』が最優秀ドラマシリーズ賞、出演者のサラ・ポールソン、コートニー・B・ヴァンス、キューバ・グッディング・Jrらのノミネートを合わせ計6部門で最多ノミネート作品となっているほか、『ゲーム・オブ・スローンズ』『アンブレイカブル・キミー・シュミット』が5部門でノミネートされていた。

2016年度放送映画批評家協会賞は今月11日に開催される。

2016年放送映画批評家協会賞 ノミネートリスト

作品賞

『メッセージ』

『フェンス』

『ハクソー・リッジ』

『ヘル・オア・ハイ・ウォーター』

『ラ・ラ・ランド』

『ライオン』

『ラヴィング』

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

『ムーンライト』

『ハドソン川の奇跡』

主演男優賞

ケイシー・アフレック『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

ジョエル・エドガートン『ラヴィング』

アンドリュー・ガーフィールド『ハクソー・リッジ』

ライアン・ゴズリング『ラ・ラ・ランド』

トム・ハンクス『ハドソン川の奇跡』

デンゼル・ワシントン『フェンス』

主演女優賞

エイミー・アダムス『メッセージ』

アネット・ベニング『トゥエンティース・センチュリー・ウーマン』

イザベル・ユペール『エル』

ルース・ネッガ『ラヴィング』

ナタリー・ポートマン『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』

助演男優賞

マハーシャラ・アリ『ムーンライト』

ジェフ・ブリッジス『ヘル・オア・ハイ・ウォーター』

ベン・フォスター『ヘル・オア・ハイ・ウォーター』

ルーカス・ヘッジズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

デーヴ・パテール『ライオン』

マイケル・シャノン『ノクターナル・アニマルズ』

助演女優賞

ヴィオラ・デイヴィス『フェンス』

グレタ・ガーウィグ『トゥエンティース・センチュリー・ウーマン』

ナオミ・ハリス『ムーンライト』

ニコール・キッドマン『ライオン』

ジャネール・モネイ『ヒドゥン・フィンガーズ』

ミシェル・ウィリアムズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

監督賞

デミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』

メル・ギブソン『ハクソー・リッジ』

バリー・ジェンキンス『ムーンライト』

ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

デヴィッド・マッケンジー『ヘル・オア・ハイ・ウォーター』

ドゥニ・ヴィルヌーヴ『メッセージ』

デンゼル・ワシントン『フェンス』

長編アニメ賞

『ファインディング・ドリー』

『クボ・アンド・ザ・トゥー・ストリングス』

『モアナと伝説の海』

『レッドタートル ある島の物語』

『トロールズ』

『ズートピア』

アクション映画賞

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

『デッドプール』

『ドクター・ストレンジ』

『ハクソー・リッジ』

『ジェイソン・ボーン』

アクション映画部門主演男優賞

ベネディクト・カンバーバッチ『ドクター・ストレンジ』

マット・デイモン『ジェイソン・ボーン』

クリス・エヴァンス『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

アンドリュー・ガーフィールド『ハクソー・リッジ』

ライアン・レイノルズ『デッドプール』

アクション映画部門主演女優賞

ガル・ガドット『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

スカーレット・ヨハンソン『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

マーゴット・ロビー『スーサイド・スクワッド』

ティルダ・スウィントン『ドクター・ストレンジ』

コメディ映画賞

『セントラル・インテリジェンス』

『デッドプール』

『ドント・シンク・トゥワイス』

『ジ・エッジ・オブ・セブンティーン』

『ヘイル、シーザー!』

『ナイスガイズ!』

コメディ映画部門主演男優賞

ライアン・ゴズリング『ナイスガイズ!』

ヒュー・グラント『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

ドウェイン・ジョンソン『セントラル・インテリジェンス』

ヴィゴ・モーテンセン『キャプテン・ファンタスティック』

ライアン・レイノルズ『デッドプール』

コメディ映画部門主演女優賞

ケイト・ベッキンセイル『ラブ&フレンドシップ』

サリー・フィールド『ドリスの恋愛妄想適齢期』

ケイト・マッキノン『ゴーストバスターズ』

ヘイリー・スタインフェルド『ジ・エッジ・オブ・セブンティーン』

メリル・ストリープ『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

SF/ホラー映画賞

『10 クローバーフィールド・レーン』

『メッセージ』

『ドクター・ストレンジ』

『ドント・ブリーズ』

『スター・トレック BEYOND』

『ザ・ウィッチ』

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop