1Dのルイ・トムリンソンもソロ活動へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワン・ダイレクションの他のメンバーに続いてルイ・トムリンソン(24)もソロアーティストとしての活動を始めるようだ。元メンバーのゼイン・マリクをはじめ、ナイル・ホーラン、ハリー・スタイルズ、リアム・ペインと1Dの他のメンバーがすでにソロデビューを果たしているなかで、ついにルイも同じ道を進む決心をしたもようだ。

1Dの生みの親サイモン・コーウェルのレーベル「サイコ」はルイの音楽を数曲聴いて、ルイとタッグを組みたいと熱望しているようで、関係者の1人はザ・サン紙に「ルイは素晴らしいソングライターですし、元々はソロでの活動は考えていなかったんです」「ですが、ルイはスタジオ入りをしていて、本当に素晴らしい音楽に取り組んでいるのです」「ルイは数曲をサイコの幹部陣に聴かせて、幹部陣はそれに興奮しているみたいです」「ルイには1Dで培った大きなファン層と彼の音楽を書く才能がありますから、幹部陣はルイがソロアーティストとして成功する見込みがあると考えているのです」と話す。

このように、メンバーがそれぞれの道を見つけていっているが、先日ナイルが1Dがまた一緒に活動するとファンにメッセージを伝えていた。「今のところみんな自分のことをやっているんだ。みんな、ただ気楽な状態を楽しんでいるんだ」「ハリーは映画をやりたくて、みんなただゆっくりしてるんだよ。僕らのことを心配する必要はないよ。僕らは大丈夫だから」「帰ってくるよ。そうじゃなかったらおバカだね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop