ニルヴァーナ の『インセスティサイド』、アナログ盤で再リリースへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニルヴァーナのコンピレーションアルバム『インセスティサイド』が来年にもアナログ盤として再リリースされることになった。1992年12月にリリースされた同アルバムがエンジニアのバーニー・グランドマンの手によりリマスタリングされ、リリース25周年を迎える2017年に2枚組レコードで発売される。

バーニーはアナログ版のリマスタリングにあたり、オリジナルのアナログのマスターテープを使用したという。

リリース日はアメリカでは1月13日となっている。

『インセスティサイド』にはB面曲、デモ、カバー曲、ラジオ放送の音源などカート・コバーン、デイヴ・グロール、クリス・ノヴォセリックからなる同バンドが繰り出すさまざまな音楽が収録されており、デビューアルバム『ブリーチ』時のドラマーであるチャド・チャニングをはじめ、ダン・ピーターズ、デイル・クローヴァー、そしてデイヴと4人のドラマーの音を聴くことができる。

『スリヴァー』『サン・オブ・ア・ガン』なども収録されている同アルバムは、ビルボード200で39位を記録した。

ニルヴァーナは先日、シングル曲『スメルズ・ライク・ティーン・スピリット』が2017年のグラミー殿堂入りを果すと発表されていたところだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop