カーダシアン3姉妹、ブラック・チャイナのカーダシアン姓の商標登録に待ったをかける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーダシアン3姉妹が、ブラック・チャイナがビジネス目的でカーダシアンの姓を使用することに待ったをかけた。キム、クロエ、コートニー・カーダシアン3姉妹の弟ロブ・カーダシアンの婚約者であるブラックは、エンターテイメント、テレビ、映画など仕事の場で使用することを目的に本名のアンジェラ・レネー・ホワイトの姓を変えたアンジェラ・レネー・カーダシアンに商標を付けようとしているが、ここにきて3姉妹の代理人がブラックの会社ラッシュドLLCがカーダシアン姓を使うことを阻止するべく書類を米国特許商標庁に提出した。

姉妹の代理人はカーダシアン3姉妹はブラックの申請が認められれば、姉妹の評判やブランドに回復不能な損害を含む損害を被ることになるとしたうえで、カーダシアンのブランドをコントロールする権利があるとしている。

また、提出書類には「(姉妹は)カーダシアンの商標を宣伝、プロモーションするために、莫大な時間と人材、資金をつぎ込んで投資し続けてきており、世間は(姉妹と)『カーダシアン』のマークが入ったグッズとサービスを関連づけてとらえています」「チャイナ氏は故意に(カーダシアン家の)ブランドと人気から利益を得ようとしており、それは混乱、もしくは誤りをもたらし、消費者を欺くことになるでしょう」とも書かれている。

一方のブラックは、そんな姉妹からの反応に傷ついているようで、関係者の1人はHollywoodLife.comに「ブラックはこの一連の名前騒動で心を痛めています」「彼女はカーダシアン一家が自分たちだけのことを考えていることや、自身を家族の一員として受け入れてくれないことがただ悲しいようです。ブラックはロブの子供の母親で、ブラックとロブは実質的には結婚しているようなものです。なんで彼らはそれを受け入れられないのでしょうか?」とコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop