メーガン・トレイナー、残りのツアー日程をキャンセル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メーガン・トレイナーが2016年の残りのツアー全日程をキャンセルした。メーガンはアトランタとジョージア、コネチカット、ニューヨーク、フロリダ、ワシントンD.C.で予定されていた公演をキャンセルすることになりかなりのショックを受けているというが、体調を崩したことにより今後のためにも声帯を休めるようにドクターストップがかかったという。

メーガンは8日(木)、インスタグラムで「先週、体調があまりよくないと投稿したけど、なんとか頑張って来ていたの」「でも残念ながら回復に向かっていなくて、今日医者に行ったら、この先2週間声帯を休めるように厳しく言われたの」「みんなにツアーで会うことを楽しみにしていたから、今回のことはすごくがっかりだわ」と状況を報告した。

そしてメーガンはファンからの応援に感謝するとともに、出来るだけ早くステージに復帰することを約束した。「出来るだけ早くみんなに会えるように私は家に帰って休養するわ。みんなのことを愛しているし、みんながいつも見せてくれる愛と応援にとても感謝しているわ。あなた達は私にとって全てなの。2017年に会えるのが待ちきれないわ!」

メーガンは先日、グラミー賞のノミネートを『CBSディス・モーニング』で発表して間もなく、体調が思わしくなくパフォーマンスできる状態でないとしてボストンとマサチューセッツの公演をキャンセルしていた。

またメーガンは1年ほど前、声帯出血を理由に数々の公演をキャンセルするはめになっていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop