アラン・シック死去、69歳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ドラマ『愉快なシーバー家』などで知られるアラン・シックが69歳で死去した。歌手のロビン・シック(39)の父としても知られるアランは13日(火)、19歳の息子カーターとホッケーを楽しんでいた際心臓発作に襲われ、ロサンゼルスのプロヴィデンス・セイント・ジョセフ・メディカル・センターに緊急搬送されたものの、病院で死亡が確認されたという。

息子のロビンはロサンゼルス・タイムズ紙に対し、父の最後の言葉はカーターがホッケー中に放ったショットへの賞賛の言葉であったと語っている。

さらにロビンは父アランについて「最高の男性」で「いつも紳士的だった」と続ける。「良かったことは、彼が愛されながら亡くなったことです」「数日前僕は父に会った時、どれほど僕が父を愛していて尊敬しているかを伝えていました」

またアランの2番目の妻ジーナ・トルソンとの息子であるカーターも父について「親友であり憧れの人物」であったと語っている。カーターは自身のインスタグラムにアランと共に写った写真を投稿し「今日僕は親友であり、憧れであった人を失いました。世界は素晴らしい人を失ってしまったんです」「僕は父以上に優しく、愛情深く、毛深くて寛大な人物に人生で出会ったことがありません。父が僕の人生に与えてくれたたくさんのことを一生ありがたく思うでしょう。これから毎日あなたのことを思って寂しくなるでしょうね。あなたは伝説です。愛しているよ、お父さん。また会う日まで」とコメントを添えている。

アランと1970年から1983年まで結婚生活を送り、ロビンとその兄ブレナンをもうけた元妻グローリア・ローリングも突然すぎるアランの死にショックを隠しきれないようだ。グローリアはUsウィークリーのインタビューに「アラン・シックの死に際し、温かいメッセージをありがとうございます。とてもショックです。感謝祭にみんなで集まったばかりでしたからね」「彼は才能があり、面白くて、家族を大切にする男性でした。安らかに眠ってくださいね」と話している。

3番目の妻タニヤとともに暮らしていたアランは最近ドラマ『フラー・ハウス』に出演しており、その共演者のボブ・サゲットやキャンディス・キャメロン・ブレらもソーシャルメディアを通じて追悼のメッセージを送っている。

そのほかにもエレン・デジェネレス、ロビンを通じてアランと知り合ったというジョン・レジェンド、ライアン・シークレスト、チャカ・カーンらもアランの死を悼むコメントを出している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop