ジェームズ・フランコ、『エイリアン:コヴナント』出演へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェームズ・フランコが新作映画『エイリアン:コヴナント』に出演することになった。1979年作『エイリアン』の前日譚であり2012年リドリー・スコット監督作『プロメテウス』の続編となる本作には、すでにマイケル・ファスベンダー、ノオミ・ラパス、キャサリン・ウォーターストン、ガイ・ピアースが出演することが発表されているが、このほどジェームズもキャスト入りしたようだ。

IMDb.comによれば、ジェームズはブランソンという名前の役を演じるようだが、役の詳細についてはまだ明らかにされていない。

HeyUGuys.comとのインタビューの中でジェームズは「エイリアン」シリーズとの関連について質問され、「もうニュースは出てるよね?」「初めて『エイリアン』を観たのを覚えているし、あれは大きなインパクトがあったよ」「いまだに観てるよ。先月観たばかりで、本当によい映画だよね。かなり緊迫感が合って、ハラハラして、シンプルに宇宙のホラー映画だよ」「参加できて嬉しいよ」と答えた。

『エイリアン: コヴナント』は宇宙船の乗組員たちが無人とみられた惑星を見つけるが、前回の調査の生き残りであるマイケル演じるアンドロイドのデヴィッドに出会うストーリーとなるようだ。

本作と『プロメテウス』との時間設定がどれだけ離れているかはまだ明らかになっていないが、『プロメテウス』は『エイリアン』の約30年前が舞台となっていた。

マイケル、ノオミ、ガイはそれぞれデヴィッド、エリザベス、ピーター役を続投し、キャサリンは新キャラのダニエルズを演じる予定だ。そのほか、役どころは明らかになっていないものの、ビリー・クラダップ、ダニー・マクブライド、デミアン・ビチルの出演も決まっている。

監督は前作に引き続き、スコット監督が務め、公開は2017年5月を予定している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop