ビル・マーレイ、『ボールズ・ボールズ』テーマのバー2店目をオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビル・マーレイがヒットコメディ『ボールズ・ボールズ』をテーマにしたバーの2店目をオープンするようだ。ビルがブッシュウッド・カントリー・クラブに勤めるダニー役を演じた同映画を基にゴルフをメインとしたこのスポーツバーがシカゴにオープンするという。

ビルはこの事業でブライアン、ジョン、エド、アンディ、ジョエルの5人の兄弟とタッグを組み、ローズモントにあるクラウン・プラザ・ホテル内に1万1000平方フィート(約1020平方メートル)のスペースを設ける「口頭での契約」を交わしたとデイリー・ヘラルド紙は報じている。

マーレイ兄弟が60年代から70年代にイリノイ州にあるインディアン・ヒル・クラブでキャディーとして働いた経験を基に、長男のブライアンが『ボールズ・ボールズ』をダグラス・ケニーとハロルド・ライミスと共同執筆した。この作品はいまだにカルト的人気を誇っており、史上最高のスポーツ映画との呼び声も高い。

ビルにとって1979年の『ミートボール』に続く2作目のハリウッド映画となった同作で、ビルは世界的なコメディ俳優としての地位を確立した。

兄弟たちは長年のゴルフファンであり、昨年にはキャディーの殿堂入りを果たしている。

2001年にオープンしたフロリダ州セントオーガスティンに続く2店目となるこのバーでは、同作に登場したカントリークラブのテーマとスタイルを再現される。「食べて飲んでマーレイになる」を掲げたこのバーでは、建物にぶつかったかのように見える巨大ゴルフが名物となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop