『セックス・アンド・ザ・シティ』映画第3弾製作、始動か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サラ・ジェシカ・パーカーが『セックス・アンド・ザ・シティ』映画第3弾への出演契約を結んだと報じられている。同大人気ドラマでキャリー・ブラッドショーを演じていたサラ、ミランダ役のシンシア・ニクソン、シャーロット役のクリスティン・デイヴィス、同作品の原作者キャンディス・ブシュネルの契約が合意に至ったため、第3弾となる映画作品の撮影がスタートするとみられている。

ある関係者はRadarOnline.comに「メインの女優たちが『セックス・アンド・ザ・シティ』映画第3弾へ正式に契約を交わしました。契約はすべて合意に至っていて、脚本もみんなに承認されましたよ」とコメントしている。

『セックス・アンド・ザ・シティ』はキャンディス本人、そしてその友人たちのライフスタイルを綴ったコラムシリーズを収めた書籍を基にした作品となっている。

サラは当初、第3弾の脚本に不満を持っていたため出演しない可能性があったものの、微調整を加えることでなんとか説得に至ったようだ。前述の関係者は「いろいろ大変だったようですよ。サラ・ジェシカ・パーカーはもっとキャラクターたちが成熟したかたちで描かれていることが気に入らなかったようで、出演しないことになっていました。なので『セックス・アンド・ザ・シティ』第3弾の製作が進み始めたのは本当につい最近のことです。今の状況にはみんな喜んでいますし、一緒にまた働けることにワクワクしていますよ」と話している。

しかし、サマンサ役のキム・キャトラルが出演するかどうかは今のところ分かっておらず、現在その変わりにキャンディスが出演すると同ウェブサイトは報じている。

撮影は来年夏よりスタートするようだ。

『セックス・アンド・ザ・シティ』の第3弾についての噂は長らく流れており、今年に入りサラはあるインタビューの中で「可能性はあるわよ。絶対にね。それがTVシリーズになるのか映画になるのかはわからないけど。その答えが見つかるまで話し合いが行われることになると思うわ」とコメントしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop