2016年最も収益を上げた俳優はスカーレット・ヨハンソン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカーレット・ヨハンソン(32)が2016年最も収益を上げた俳優に輝いた。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』や『ヘイル、シーザー!』などに出演したスカーレットが興行成績で合計12億ドル(約1400億円)を叩きだし、世界でも最も収益を上げた俳優となった。

フォーブス誌によれば、スカーレットの『アベンジャーズ』の共演者であるクリス・エヴァンスとロバート・ダウニー・Jrが11億5000万ドル(約1340億円)と僅差で続いているようだ。4位には『スーサイド・スクワッド』などに出演したマーゴット・ロビーがつけ、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のエイミー・アダムス、ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィルがその後を追う形となった。

トップ10にはほかに『デッドプール』が話題となったライアン・レイノルズ、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が公開中のフェリシティ・ジョーンズ、マーゴットと『スーサイド・スクワッド』で共演したウィル・スミスらがランクインを果たした。

そんな中トップに輝いたスカーレットは先日、演じる役選びについてこう語っていた。「私は観客に新鮮な経験を与えようと願う映画制作者による作品を探すの」「私は常に競争心が高いし、リスクを犯し、そのリスクを犯したことによって起こる損失を抱えて生きることで自分の限界に挑むような役柄がいいの」

『ジャングル・ブック』ではカー役として声の出演を果たし、マーベル作品ではブラック・ウィドウ役を演じているスカーレットは「私はいつも自分がお金を払って見に行きたいと思うような作品にでることを心がけているの。歳を重ねるにつれてそれも変わってきているけどね」「スーパーヒーロー作のファンだったことはないんだけどね。『アイアンマン2』は(監督のジョン)ファヴローが描く『アイアンマン』が好きだったからやったの。そのジャンルのファンではない私のような人にも訴えかけるものだったから、マーベルと1つのキャラクターを築き上げる今後に可能性を感じたの」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop