ヴィクトリア・ベッカム、大英帝国勲章を受章へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィクトリア・ベッカムが英国女王陛下の新年叙勲者リストに記載され、大英帝国勲章(OBE)を授与されることがわかった。スパイス・ガールズのメンバーとして名声を得た後、現在はファッションデザイナーとして活躍するヴィクトリアは、ファッション業界やチャリティ活動の功績を称えられ、エリザベス女王より勲章を授与されることになった。

夫デビッド・ベッカムも2003年にOBEを授与されているヴィクトリアは、この栄誉をとても喜んでいるとピープル誌が報じている。

一方のデビッドは以前、エリザベス女王のドキュメンタリーの中でこの勲章を授与されることがどれほどの意味のあることだったかを語っていた。「あの日は特別な日だったよ。なぜなら祖父母も一緒に連れてくることができたからね。彼らがずっと尊敬している場所に連れて行ってあげることができて、誇りに思ったよ」「女王陛下とお会いすること以上にすごいことってないよね。胸の高まりを感じるものだよ。僕ももちろん胸の高まりを感じたよ。だって僕は女王陛下、そして陛下の行いすべてが大好きだからね」

そんな夫ベッカムの仕事に対する姿勢にどれほど刺激を受けているかについて、ヴィクトリアは以前次のように話していた。「自分の達成してきたことを私はとても誇りに思っているわ。でも自分1人ではできなかったわ。私の周りには素晴らしい人達がいて、応援してくれる家族もいるわ。デビッドなしではなにもできなかったわ。彼は私をいつも支えてくれる夫で、刺激を与えてくれる人よ」「彼の仕事の対する姿勢は本当に素晴らしいの。そして最高の夫であり、家庭を大切にする父親よ。誰か他のひとに頼るんじゃなくて、自分自身で力を持たなければならないと思うの。夫や家族、他の女性たちから褒めてもらうことは嬉しいことだけど、自分で自分自身を気分良くさせないとね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop