エマ・ストーン、カプリ・ハリウッド国際映画祭で主演女優賞受賞!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エマ・ストーンが第21回カプリ・ハリウッド国際映画祭で主演女優賞に輝いた。ライアン・ゴズリングと共演した『ラ・ラ・ランド』でミア役を演じたエマは、イタリアのカプリ島で開催された同イベントで主演女優賞を受賞し、同作品はそのほかにもアンサンブルキャスト賞、主題歌『シティ・オブ・スターズ』の主題歌賞、作品賞、作曲賞を含む合計6つのトロフィーを獲得した。

その一方でニコール・キッドマンとデーヴ・パテールの『ライオン』、『ハクソー・リッジ』がそれぞれ5つの賞を受賞した。メル・ギブソン監督作『ハクソー・リッジ』は監督賞、デズモンド・ドス役を演じたアンドリュー・ガーフィールドが主演男優賞を勝ち取っている。

そのほかにメリル・ストリープ主演の『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』がコメディ・オブ・イヤー賞、ニコール・シャージンガーがシナ役の声を担当したディズニーの作品『モアナと伝説の海』がアニメ映画賞を受賞している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop