リドリー・スコット、スーパーヒーロー映画には興味ナシ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リドリー・スコットはスーパーヒーロー映画があまり好きではないようだ。『エイリアン』や『ブレードランナー』『オデッセイ』などSF大作で知られる79歳の巨匠スコット監督だが、マーベルやDCエンターテイメント作品にその才能を発揮するつもりはないそうで、コミック本を原作とした大作のオファーをすでに何度か断っていると明かした。

デジタル・スパイとのインタビューでスコットは「スーパーヒーロー映画は僕の好みじゃないんだ。だから一度もやったことがないのさ。何度か頼まれはしたけど、細いクモの糸を使った綱渡りみたいなスーパーヒーローの世界の非現実的な状況を信じられないんだ」と語っている。

スコットはフィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作にハリソン・フォードが主役の人造人間の専門捜査官リック・デッカードを演じた1982年の大ヒット作『ブレードランナー』がコミック作品に最も近い作品であることから、もし自らが望めば最高のスーパーヒーロー映画が作れると自信を持っているようだ。「『ブレードランナー』はコミック作品みたいなものだよね。非現実的な世界を舞台にしたダークな話だからさ。バットマンやスーパーマンをあの世界に登場させることだって出来そうじゃないか。ただ、ストーリーがないのと違って、僕の場合はすごく良いストーリーがあることになるだろうけどね!」

80歳の大台が近づいているスコット監督だが、映画業界での勢いは留まるところなく、今年は『プロメテウス』の続編となる『エイリアン: コヴナント』が5月から公開開始となるほか、『ブレードランナー』の続編で10月から公開予定の『ブレードランナー 2049』では製作総指揮も務めている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop