『ラ・ラ・ランド』、今年度の英国アカデミー賞に11ノミネート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ラ・ラ・ランド』が今年度の英国アカデミー賞で最多11ノミネート作品となった。8日(日)に行われた2017年度ゴールデン・グローブ賞では同賞史上最多となる7部門を授賞した『ラ・ラ・ランド』は最高賞となる作品賞、デイミアン・チャゼル監督への監督賞のほか、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンがそれぞれ主演男優賞と主演女優賞にノミネートされている。

作品賞のノミネートには昨年のカンヌ国際映画祭でパルムドール賞を受賞した『わたしは、ダニエル・ブレイク』『メッセージ』『ムーンライト』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が選ばれている。

『ラ・ラ・ランド』の11ノミネートに続き、『メッセージ』『ノクターナル・アニマルズ』が9ノミネート、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が6ノミネートとなっている。

主演男優賞のカテゴリーでライアンは『ハクソー・リッジ』のアンドリュー・ガーフィールド、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のケイシー・アフレック、『ノクターナル・アニマルズ』のジェイク・ギレンホール、『キャプテン・ファンタスティック』のヴィゴ・モーテンセンらと共に名を連ねており、主演女優賞にはエマのほかに『メッセージ』でエイミー・アダムス、『ガール・オン・ザ・トレイン』のエミリー・ブラント、『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』のメリル・ストリープ、『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』のナタリー・ポートマンらが候補に挙がっている。

一方で5ノミネートを受けている『わたしは、ダニエル・ブレイク』と『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、英国作品賞をかけて『アメリカン・ハニー』『デナイアル』『ノーツ・オン・ブラインドネス』『アンダー・ザ・シャドウ』と争うことになるようだ。

英国アカデミー賞のノミネートリストは10日(火)、ドニミク・クーパーとソフィー・ターナーによって発表された。

授賞者、授賞作品は英国アカデミー賞の6500人のメンバーによって選ばれ、先週発表されたEEライジング・スター・アワードのみ一般投票で決定する。

2017年英国アカデミー賞はスティーヴン・フライ司会のもと、2月12日のロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催される予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop