ゼイン・マリクとテイラー・スウィフト、新曲MV撮影でホテルの部屋をめちゃくちゃに!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼイン・マリクとテイラー・スウィフトがコラボした新曲に向けたミュージックビデオの撮影で、ロンドンのホテルの一室をめちゃくちゃにしたようだ。2人は映画『フィフティ・シェイド・ダーカー』のサウンドトラックに収録される『アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー』のビデオの撮影を同市内にある5つ星ホテル、セント・パンクラス・ルネッサンス・ホテルで行った際、ランプを壁に投げつけたり、カーテンに火を付けたりしていたという。

ある関係者は「ゼインはあのホテルの部屋をこれ以上ないほどめちゃくちゃにしていました。枕をひきちぎったり、ランプを壁に投げつけたりしていましたよ」「テイラーはカーテンに火をつけていましたよ。近辺のフロアの火災報知器は切られていましたので、ホテルにいる人たちが避難しなければいけない状態にはなりませんでしたけどね」「テイラーはバスルームの鏡を割ったりもしていました」「全てのシーンは綿密に計画されていました。とてもセクシーなビデオになりますよ。ゼインはきれいめな格好をしていて、テイラーはガーターにヒールという出で立ちでした」とザ・サン紙に撮影の様子を説明している。

アメリカのナッシュビルから自家用機でこの撮影のためにロンドンに来たというテイラーだが、終了後はすぐに帰って行ったと前述の関係者は続けた。

先月、ゼインはこのテイラーとのコラボが恋人ジジ・ハディッドのおかげで実現したことを明かしていた。ゼインがテイラーにコラボを持ちかけた際、テイラーの友人であるジジの助けもあって、すでにテイラーがその曲を気に入ってくれていることを知っていたことから、テイラーが参加してくれるかどうかという不安はなかったと明かしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop