『スター・ウォーズ:エピソード8』、レイのフォースをさらに追及

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『スター・ウォーズ:エピソード8』ではデイジー・リドリー演じるレイがフォースを受け入れる姿を見ることになるようだ。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でデイジーはメインキャラクターを演じており、新作の監督を務めるライアン・ジョンソンはその中でのレイの展開についてファンに次のように説明している。「レイが自分の持っているパワーに気づき、受け入れていく姿を見ることができるよ」「彼女がこれまで知らなかった自分の中にあるパワーを受け入れはじめ、そのパワーの可能性がだんだんと明かされていくことになるね」

また『スター・ウォーズ:エピソード8』はルーク・スカイウォーカーがわずかに姿を現した『前作の最終シーンからストーリーが始まることになるようで、マーク・ハミル演じるルークがなぜ1人で居ることにしたかという謎も明らかになっていくようだ。USAトゥデイのインタビューの中でジョンソン監督は「僕はストーリーを2年間も飛ばしたりはしたくないんだ。あの次の瞬間に一体何が起きたのかを見たいからね」と語る。

その一方で以前デイジーは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の中で自身の演じるレイの曖昧な過去についてかなり多くのことが解き明かされたと考えていたのだが、子供のころに惑星ジャクーに取り残されたレイについてファンたちがもっと知りたいと思っていることが分かったと語っていた。「『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の中で沢山のことが解き明かされたと思っていたわ。でも試写会の後、私のエージェントとみんなで飲みに行って話しをしていたときに『わあ、みんなの中ではちっとも謎が解き明かされたわけじゃないんだわ』って気づかされたのよ」

デイジーが再びレイを演じる『スター・ウォーズ:エピソード8』は今年の12月公開予定となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop