トム・ヒドルストン、ゴールデングローブ賞でのスピーチを謝罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トム・ヒドルストンが先日のゴールデングローブ賞での自身のスピーチについて謝罪した。8日(日)に行われた同式典で『ナイト・マネジャー』にてミテッドシリーズ/テレビムービー部門の主演男優賞を受賞したトムだが、南スーダンについて語ったその受賞スピーチが長くてつまらなかったとソーシャルメディアに非難が集まっていることを受け、フェイスブックに謝罪コメントを発表した。

「昨晩のゴールデングローブ賞でのスピーチが洗練されていない表現だったという意見に完全に同意しているよ」「実のところ、僕はすごく緊張していて、勝手に間違った言葉が出てきてしまったんだ」「僕はただユニセフUKや国境なき医師団、国連WFPに向けて辛抱強く活動をしている人達の素晴らしい勇敢さと勇気、そして最も難しい状況の中で希望と喜びを探し続ける南スーダンの子供たちに敬意を表したかっただけなんだ」「緊張に負けてしまったことをお詫びします」とトムは綴っている。

そのトムのスピーチに対しては、「あまりの長さに眠ってしまった」という意見や、「長く、つまらなく、自分の賞に全く関係のない話」「話を簡潔に伝える方法を知らない」というコメントなどがソーシャルメディア上に数多く寄せられていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop