ジョージ・マイケル、恋人と別れようとしていた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョージ・マイケルがここ1年半ほど恋人と別れようとしていたと報じられている。先月25日に英オックスフォードシャーにある自宅で遺体で発見されたジョージは、2012年から交際中であったファディ・ファワズと何度も別れようとしていたというが、ファディのことを忘れることが出来ずに結局はよりを戻すに至っていたという。

ジョージの親戚の1人はザ・サン紙に「ジョージがファディにもう会いたくないと言ったのは1回どころではないですが、結局毎回2人は元通りになっていました。ジョージはとても優しく、寛大なのですが、私からしてみると一番の弱みはセックスやドラッグなど全てにノーと言えないところなんです。彼はそういう人だったんですよ。いつもイエスと行ってしまうことで、色んな意味で傷つきやすい人でした。自分の意見を通すことが出来なかったんです」と語っている。

ジョージは当初、心不全によって他界したとみられていたが、先週に行われた検死では死因が発覚しなかったことで、現在は毒物検査を含む更なるテストが行われているところだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop