『GIRLS』のジャマイマ・カーク、昨年夏に夫と破局していた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェッサ役で知られるジャマイマ・カーク(31)が夫と破局していたことが発覚した。ジャマイマは6歳と4歳の子供をもうけている元弁護士のマイケル・モスバーグと7年間の結婚生活に末、昨年夏に離婚を決めたとUsウィークリー誌は報じている。

同誌によれば、マイケルは昨年7月に完全紹介制の出会い系アプリ、ラヤを使用していたというが、2009年に結婚した2人がいつ破局したのかについて正確な時期は分かっていない。

ジャマイマは20代に「すべてやって、遊び過ぎた」ことでリハビリ施設入りしていた際、マイケルに出会ったことを明かしていた。昨年に行われたあるインタビューの中でジャマイマは、ブルックリン内にリハビリ施設を開設したマイケルが、ジャマイマがまた付き合いでお酒を飲み始めたことを懸念していると話していた。「マイケルは最初心配していたわ。『君は大人だから、こうしろ、ああしろなんて絶対に言わないよ。ただ、大間違いは犯すなよ』って言ってたわ。彼は私の過去を知っているから、恐れる権利は間違いなくあるもの」「でも私は当時違い人間だったの。20代前半だったし、子供もいなかったわ」

しかしジャマイマはリハビリ施設に入ったことはあるものの、中毒に陥っていたわけではなかったとしていた。「この話を今までしたことがないのは、私自身、自分が何をしていたか分からなかったからなの」「リハビリ施設に入っている時や、退院後って、自分が中毒者のように感じるわ。そのレッテルは当てはまっていると感じなかったけど、もしその治療を放棄したら、また元の自分に戻ってしまうんじゃないかと恐れていたわ。ああいう施設にいると、そういうメッセージが刻みこまれるの」「私はお酒やドラッグの問題を抱える全ての人が中毒だとは思わないわ。1つの問題であり、『症状』ではない状態があると思うの。私はそういう状態の1人だったと思うのよね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop