グラストンベリー・フェスティバル、2019年に名称変更へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グラストンベリー・フェスティバルの名称が2019年に変更されるとフェス主催者のマイケル・イービス(80)が明らかにした。フェスの開催地を現在のイングランド南西部サマセットのワーシー・ファームから「ミッドランズへの中間地点」に場所を移す可能性があることから、その新名称は「ザ・グラストンベリー・フェスティバル・チーム・プレゼンツ・ザ・バラエティ・バザー」になることを考えているそうだ。

グラストンベリーFMラジオ放送の中で、マイケルは「よい名前だと思わないかい?」とその新名称に自信をみせ、さらに新開催地については「ここからミッドランズの中間地点だね。それに、土地所有者は1人しかいないね」「今自分がいる場所は22人の土地所有者がいるんだ」「次の世代がこんなにたくさんの人達と交渉したいかどうかってことがただ気になったんだよ」「まとめるのはかなり難しい仕事だね」と話す。

とはいえ、この新名称は開催地がワーシー・ファーム以外で行われる際にのみ使用されるとマイケルの娘エミリーはツイッターで強調している。「異なるロケーションで将来イベントをすることをまだ計画しています。それをバラエティ・バザーと私達は呼んでいます」「ですが、グラストンベリー・フェスティバルは常にグラストンベリーという名ですし、ワーシー・ファームの場所に残ります!」

そして、グラストンベリー・フェスティバルを計画するにあたって常にリスクと隣り合わせの生き方をしてきたマイケルは、この名称を変更することは大きなリスクが伴う可能性もあると一抹の不安も示し、「これまでずっと自分はリスクを負ってきた」「47年もリスクを負ってきて、今のところラッキーで失敗したことはない。新名称が大きなリスクなのかもしれない。わからないね。5年おきにミッドランズの方向の新ロケーションに移すためのロジスティクスにとりかかっているところなんだ。そうすることで、(現開催地ワーシー・ファームの)農地を再生することができるからね」とコメントする。

本年度のグラストンべリー・フェスティバルは6月に通常通りのワーシー・ファームで開催される予定だ。現時点では、レディオヘッドのみが6月23日(金)のヘッドライナーとして決定しているに留まっており、残り2日間のヘッドライナーは、エド・シーラン、フー・ファイターズになるのではと予想されている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop