ラナ・デル・レイが新曲『ヤング・アンド・イン・ラブ』登録、新作アルバムリリースか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラナ・デル・レイが新たに楽曲『ヤング・アンド・イン・ラブ』の登録したことが分かり、ニューアルバムリリースへの期待がますます高まっている。長年のコラボレイターで楽曲『サマータイム・サッドネス』でもタッグを組んだエミール・ハイニーとリック・ノウェルズや名プロデューサーのベニー・ブランコのクレジットと共にこの曲の存在がオンライン上で明らかになり、年内にもラナの待望の新作アルバムがリリースされるのではと噂が飛び交っている。

昨年11月には、この新曲に先駆けてグレッグ・バンクスと曲作りしたという楽曲『ワイルド・サイド』もラナの本名エリザベス・ウールリッジ・グラントで登録されている。

そんなラナは、ソーシャルメディアでもスタジオにいる自身の写真を投稿しており、2015年作『ハネムーン』に続く新作アルバムに取り掛かっていることをほのめかしている。

そして、以前には5作目となるニューアルバムのアイデアを徐々に集めていく予定だと話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop