ジェイムス・ブラント、ニューアルバムのタイトルを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガーソングライターのジェイムス・ブラントがニューアルバムのタイトルが『ジ・アフターラブ』になることを明らかにした。2013年の『ムーン・ランディング』に次ぐジェイムスの第5作目スタジオアルバムが完成し、アトランティック・レコードから3月24日にリリースされることになった。

ジェイムスは、ツイッターにユーモアあふれるニューアルバムのPR動画を投稿しており、裸で泡風呂に入った自身が「やあみんな。久しぶりだね。見てよ。君たちにみせたいすごい大きなものがあるんだ」と発言し、自身の腰の部分を隠したニューアルバム『ジ・アフターラブ』のアートワークのパネルが現れるというオチだ。

ジェイムスはこれまで、仲良しのエド・シーラン、エドの長年のコラボ相手エイミー・ワッジ、ライアン・テダー、スノウ・パトロールのジョニー・マクデイド、ザ・ウィークエンド、ステファン・モッチオ、マイリー・サイラスやワン・ダイレクションとのコラボで知られるモゼラなど、音楽界屈指のソングライターらとスタジオ入りをしてきている。

昨年には『アイ・トゥック・ア・ピル・イン・イビサ』でヒットを飛ばしたマイク・ポズナーもジェイムスと数曲制作し、その曲がジェイムスのアルバムに最終的に収録されるかはわからないと話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop