カイリー・ジェンナー、カイリー・コスメティクスに対する盗作裁判を回避しようと画策中?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カイリー・ジェンナー(19)が自身のコスメブランド「カイリー・コスメティクス」に対する盗作裁判を避けようと画策しているようだ。昨年同ブランドをローンチしたカイリーは、ロサンゼルスを拠点とするメイクアップアーティストのヴラダ・ハガティから唇にリキッドリップのしずくが滴るアートワークでおなじみのキャンペーンやパッケージのデザインを盗用したとソーシャルメディアで主張されていたが、カイリーはこの問題をお金を提示して解決するのではなく、逆に自身のインスタグラムでヴラダのアートワークを称賛する策に出ているとTMZが報じている。

カイリーは同サイトにヴラダが手掛けた金色の指で目を隠し艶やかな赤いグロスを塗った女性の画像を投稿し、「ヴラダとジュリア・クズメンコによるこのインスパイアしてくれる写真を見て!」とコメントを添えている。

昨年、ヴラダとそのフォトグラファーはカイリーコスメティクスのクリスマスシーズン向け広告が自身の写真と酷似しているとして、カイリーを訴える構えだとしていた。インスタグラムにカイリーの広告と自身が手掛けたビジュアル写真を並べて投稿し、「本当なの、カイリーコスメティクス?私からもう十分なほどに私から『インスピレーション』を受けてるんじゃなかったっけ?左がジュリア・クズメンコ、ブリット・ラフューソン、私が数か月前に撮影したもので、右がカイリーコスメティクスの新しいキャンペーンよ」とその類似性に困惑しているコメントを添えていた。

また、これ以前にも、ヴラダはカイリーに盗作疑惑を投げかけたことがあり、唇にゴールドのしずくが滴るイメージをカイリーが盗んだと主張していた。当時、ヴラダはカイリーによって自身の手がけたビジュアルが取り上げられたことに嬉しさを表すと同時に、自身の名がクレジットに刻まれなかったことや、カイリーやそのチームから全く連絡さえ受けなかったことにショックを受けたとしていた。「アーティストの名前をクレジットに入れるのは大事。でも、これはそれ以上のことだわ」「これは盗作。これが私達の住んでいる世界...こんなことがアーティストに起こるのを何度も見たわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop