『フェンス』、SAG賞で主演男優賞と助演女優賞獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『フェンス』のデンゼル・ワシントンとヴィオラ・デイヴィスが29日(日)に行われた映画俳優組合賞(SAG)で栄冠を勝ち取った。デンゼルはケイシー・アフレック、アンドリュー・ガーフィールド、ライアン・ゴズリング、ヴィゴ・モーテンセンら若手俳優を抑え、SAG賞で自身初となる主演男優賞を獲得した。

ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで行われた同式典で受賞した際デンゼルは「本当にありがとう」「僕は神を恐れている人間です。なので信仰心を持っているはずなのですが、実は信じていなかったのです。全ての俳優の皆さんに神のご加護を。僕は『若い俳優たちが賞を獲得するから、僕が選ばれることはないよ』と言っていたくらいですから、僕が受賞するなんて思っていませんでした。でも受賞したんです!」と話した。

また助演女優賞を獲得しヴィオラは受賞スピーチの中で、かつては野球選手だったものの現在はごみ収集車の運転手として家族を支えるデンゼル演じるトロイ率いる黒人一家の関係を描いた同作の原作戯曲を執筆したオーガスト・ウィルソンを称えた。「オーガストのやってくれたとても素晴らしいことは、ごく普通の黒人男性の身に起きたことを称えてくれたことでした」「時に私達は世界を揺さぶったり、感銘を与えたり、歴史に残るようなことをしなくてもいいということなんです」「私達が息をして生きているという事実、それだけで意味があり、語る価値があるということなのです」「私達はどんな基準、どんな物語の主人公にもなれるということがこの物語の中では記されています。それがオーガストのやってくれたことなのです。小学校や中学校しか出ていない私の父、母、叔父達を高く評価し、歴史の中に要約してくれたのです」

その他、『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンが主演女優賞、『ムーンライト』のマハーシャラ・アリが助演男優賞に輝き、アカデミー賞作品賞の前哨戦と言われるキャスト賞は『ヒドゥン・フィギュアズ』が獲得している。

第23回映画俳優組合賞(SAG)受賞リスト抜粋

主演男優賞

デンゼル・ワシントン、『フェンス』

主演女優賞

エマ・ストーン、『ラ・ラ・ランド』

助演男優賞

マハーシャラ・アリ、『ムーンライト』

助演女優賞

ヴィオラ・デイヴィス、『フェンス』

キャスト賞

『ヒドゥン・フィギュアズ』

スタント・アンサンブル賞

『ハクソー・リッジ』

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop