マイケル・ペーニャ、新作SF『エクスティンクション』出演へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイケル・ペーニャが新作SF映画『エクスティンクション』に出演することが決定した。スペンサー・コーエン、ブラッド・ケイレブ・ケイン、『メッセージ』のエリック・ハイセラーが脚本、ベン・ヤングが監督を務める新作映画にマイケルが出演するとデッドラインが報じている。

家族を失う夢を見続けている男性が主人公のこの物語は、地球外生命体が地球を侵略し、破壊し始めたことからその悪夢が現実のものとなり始めたことで、その男性が家族を守るために方法を考える姿を描く作品だ。

グッド・ユニバースのネイサン・カヘインとジョー・ドレイク、マンデヴィル・フィルムズのトッド・リーバーマンとデヴィッド・ホバーマンがプロデューサー、アレクサンダー・ヤングがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

マイケルは今月25日より日本公開となる『素晴らしきかな、人生』に出演しているほか、『オデッセイ』や『アントマン』、今後海外で公開予定となっている1970年代に人気を誇ったTVドラマ『白バイ野郎ジョン&パンチ』のワーナー・ブラザース製作の映画版にも出演している。

最近『ザ・レゴ・ニンジャゴー・ムービー』『マイリトルポニー:ザ・ムービー』の声優として声の収録を完了させたマイケルは、現在『オリエント急行殺人事件』リメイク版の撮影を行っているところで、エイヴァ・デュヴァーネイ監督による『五次元世界の冒険』映画化作への出演も決定している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop