トム・ジョーンズ、プリシラ・プレスリーと急接近?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トム・ジョーンズ(76)とプリシラ・プレスリー(71)のロマンスが報じられている。昨年4月に妻リンダをがんで失った際には悲しみに打ちひしがれていたトムだが、その辛さを乗り越え、最近になって友人であったエルヴィス・プレスリーの元妻プリシラと急接近していると言われている。

ある関係者は「トムはリンダの死後、辛い1年を過ごしてきましたが、プリシラがそばにいてくれることが嬉しいようです」「2人はハリウッドで一緒に出掛けている姿を目撃されています。まだ始まったばかりの話であって、2人はその都度受け止めているだけです」と話す。

トムはサン紙に対し、プリシラと一緒にいることを楽しんでいると認めており、「僕達は長年の友人なんだ」「彼女は素敵な女性だよ。一緒に過ごす夜をお互いに楽しんでいるね」とコメントしているほか、トムの広報も「プリシラ・プレスリーとトムは長年の知り合いなんです」と続けている。

トムは以前、リンダの死が自身にとって最も辛いことであったと語っていた。「すごく難しいよ。僕の人生の中で最高に辛いことだね」「僕らは59年間も結婚生活を送ったし、幼なじみでもあったんだよ。失うのは早かったね。がんだったんだ」「僕がフィリピンにいた時に電話がかかってきて、末期だと告げられたよ。それで慌ててロサンゼルスに戻ったんだ。彼女は入院していて、あと1週間の命だったよ」

トムとリンダは若干16歳で結婚し、息子マークをもうけた。過去には数々の浮名を流したトムだが、リンダが人生で最も大切な存在だとしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop