『ラ・ラ・ランド』、英国アカデミー賞で最多受賞作品に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ラ・ラ・ランド』が第70回英国アカデミー賞(BAFTA)で最多受賞作品に輝いた。12日(日)、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催された授賞式で、『ラ・ラ・ランド』は作品賞を含む5つの賞を勝ち取った。

同作品のデイミアン・チャゼル監督が監督賞、ミア役で出演していたエマ・ストーンが主演女優賞を受賞し、エマは受賞スピーチの中で「多様化する」時代の中で「団結する」ことの大切さを語った。

その一方で『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のケイシー・アフレックが主演男優賞、デンゼル・ワシントン主演の『フェンス』での熱演を評価されたヴィオラ・デイヴィスが助演女優賞に輝いている。

また助演男優賞には『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』のデイヴ・パテールが選ばれ、受賞スピーチではその喜びを露わにしていた。

一般投票で決定する新人賞にあたるEEライジング・スター賞にはトム・ホランドが選ばれ、同授賞式最高賞となるBAFTAフェローシップは映画監督のメル・ブルックスが獲得し、BAFTAの会長を務める英ウィリアム王子からトロフィーを受け取った。

第70回英国アカデミー賞 受賞リスト

作品賞

『ラ・ラ・ランド』

英国作品賞

『わたしは、ダニエル・ブレイク』

監督賞

デイミアン・チャゼル 『ラ・ラ・ランド』

主演男優賞

ケイシー・アフレック『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

主演女優賞

エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』

助演男優賞

デーヴ・パテール『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』

助演女優賞

ヴィオラ・デイヴィス『フェンス』

外国語作品賞

『サウルの息子』

ドキュメンタリー賞

『13th』

アニメ賞

『クボ・アンド・ザ・トゥー・ストリングス』

撮影賞

リヌス・サンドグレン『ラ・ラ・ランド』

オリジナル脚本賞

ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

脚色賞

ルーク・デイヴィーズ『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』

編集賞

ジョン・ギルバート『ハクソー・リッジ』

プロダクション・デザイン賞

スチュアート・クレイグ、アンナ・ピノック『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

衣装賞

マデリーン・フォンテーヌ『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

ヘア&メイクアップ賞

J・ロイ・ヘランド、ダニエル・フィリップス『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

音響編集賞

クロード・ラ・アヤ、バーナード・ガリエピー・ストロブル、シルヴァン・ベルマール『メッセージ』

特殊視覚効果賞

ロバート・レガート、ダン・レモン、アンドリュー・R・ジョーンズ、アダム・ヴァルデス『ジャングル・ブック』

英国ショートアニメ賞

『ア・ラブ・ストーリー』

英国短編映画賞

『ホーム』

EEライジング・スター賞

トム・ホランド

オリジナル音楽賞

ジャスティン・フルウィッツ『ラ・ラ・ランド』

2017年度英国人脚本家、監督、プロデューサーデビュー賞

『アンダー・ザ・シャドウ』

脚本&監督:ババク・アンヴァリ

プロデューサー:オリヴァー・ロスキル、ルカン・トー

BAFTAフェローシップ賞

メル・ブルックス

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop