ジジ・ハディッド、ゼイン・マリクとの初デートについて語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジジ・ハディッド(21)が元ワン・ダイレクションのゼイン・マリクとの初デートについて語った。約1年間の交際をゼインと続けているジジは、初デートでは接近しすぎないようにするのが苦労したとトーク番組『エレンの部屋』の中で語った。「私たちは、数年前の友人の誕生日パーティーで初めて会ったの。それから、彼はヴィクトリアズ・シークレット・ショーを観るためにニューヨークにいたのだけど、結局ショーにはこなかったの」「私は、『冷静に振る舞おう。アフターパーティーに行くわ』って言い聞かせたのだけど、彼はそこにもいなかった。でも結局、その週に初デートに出かけることになったわ」「10分くらい冷静を装っていたけど、私は『あなたってかわいい』って言っちゃったわ。そして、急速に仲が良くなったわ」

さらに、モデルの仕事でいつも世界中を駆けまわっているというジジは、ゼインとゆっくり過ごす夜が大好きだと続けた。「ロサンゼルスにいるときは、ほとんど家にいるのよ。休みだし、ゼインと一緒にいるのが好きだから。アートなことをしたり、料理したりね」「遅い時間に映画を観るのも好きね」「『ベイビー、映画に行こう』っていうのがいっつも好き。そして、途中で私が眠っちゃうから、ゼインは『すべての映画の前半だけを見て、どうやってエンディングを迎えたかってことを知らないんだよね』っていうの」

また、2人はお互いのことを「親友」と思っているそうで、ゼインの最も魅力的な部分はと質問されると「彼の頭の中っていうわ。仕事以外で同じようなことに興味を持っている関係って、私たちどちらにとっても初めてだし、それってとても重要なの」「一緒によく料理をするし、アートもするの。お互いに親友なのよ。2人ともなんでも話せるし、お互いに頼れるって感じるの」と答えた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop