雑誌プレイボーイ、ヌード復活へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレイボーイ誌にヌードが復活することになったようだ。1年前にヌード写真を今後掲載しないと発表していた同誌がこのほど、その路線変更が「間違い」だったと認めた。

昨年10月にチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任したコーナー・ヘフナー(25)氏は、「雑誌がヌードを掲載していた方法が時代遅れだったと認め、ヌード掲載をやめたのが間違いだったと認めるのは私が初めてでしょう。ヌードが一度も問題だったことはない。なぜなら、ヌードが問題ではないから。今日、我々は自分たちのアイデンティティを取り戻し、本来の自分たちの姿に戻ります」とツイートした。

2017年3月4月号からお馴染みのヌード写真が掲載されるようで、タイトルは「ネイキット・イズ・ノーマル(裸は普通のこと)」になるという。

2015年10月、スコット・フランダースCEOが、オンラインでヌード写真が簡単に無料で見ることができるようになったことなどを理由に、当時で62年間続けてきたヌード写真掲載を終了する意向を発表し、実際2016年3月号からヌード写真は掲載されなくなった。

2015年8月には、同誌のウェブサイトは職場でも閲覧できるようにデザインを一新し、若者の読者が増えていた。

プレイボーイは1953年に創刊し、最初の表紙を飾ったのはあのマリリン・モンローだった。1971年に株式を公開したが、2011年にヒュー・ヘフナーの手に再び戻った。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop