ロバート・ダウニー・Jr、ポッドキャスト『リプライ・オール』映画版出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロバート・ダウニー・Jrがポッドキャスト『リプライ・オール』の映画版に出演することが分かった。

ギムレット・メディア制作の先月19日に放送となった同ポッドキャストの第86話『マン・オブ・ザ・ピープル』を基に製作される同作品は、リチャード・リンクレイター監督がメガホンを取ることが決定している。

ザ・ヴァラエティによると、真実の物語を基に語られるこの作品は、人々に偽物の薬を投与したり、ヤギの睾丸を人間に移植する手術などを行うことで名声を得ていくジョン・ブリンクリー医師を中心に、ジャーナリストであり医師のモリス・フィッシュベインがその悪行を止めさせるために奮闘する姿が描かれるストーリーになるという。

アンナプルナ・ピクチャーズ、ロバートの製作会社チーム・ダウニー、アメリカン・モーション・ピクチャー・カンパニーのミーガン・エリソン、デトアー・フィルム・プロダクションがプロデュースを行っていく。

マーベル・コミックスのキャタクターであるアイアンマン役をこれまでに数々の作品で登場してきたロバートは2018年公開予定の『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』に再び同役で出演することが決定している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop