ニコール・キッドマンとレニー・クラヴィッツ、極秘婚約していた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニコール・キッドマン(49)とレニー・クラヴィッツ(52)が過去に極秘婚約していたことが明らかになった。2003年に知り合った2人は2004年頃に交際していたことで知られているが、それから10年以上の時を経た今、実は当時レニーからプロポーズされていたことをニコールが激白した。

2006年にキース・アーバンと結婚したニコールはネッタポルテのザ・エディット誌のインタビューの中で新作ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』に触れた際、共演しているゾーイ・クラヴィッツについて「ゾーイについては知っていたわ。だって私は彼女のお父さんと婚約してことがあるからね。家族みたいなものよ!レニーのことが大好きよ。彼はとても素敵な人だから」とコメントしている。

以前ニコールはレニーとの関係が続かなかった理由について、お互いに「心の準備が出来ていなかったから」だと語っていたことがあった。

一方でレニーの1人娘であるゾーイはニコールについて「物静かで恥かしがり屋」であると説明しながらも「すごい女優」であると賞賛している。「ニコールは物静かで恥かしがり屋さんとも言えるわ。でも面白いことに、彼女がものすごい女優であることは明らかなのよね。もう彼女の演技は良すぎるからたまに注意をそらされてしまうくらい。すべてのシーンを撮影するたびに『わー、すごいわ』って言いたくなるもの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop