リサ・マリー・プレスリーの双子、児童保護施設に引き取られる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リサ・マリー・プレスリー(49)の8歳の双子の娘たちが児童保護施設に引き取られたという。エルヴィス・プレスリーの孫にあたるこの双子は、リサの別居中の夫マイケル・ロックウッド(55)のパソコンから不適切な写真や動画を発見したとリサが伝えたことで、来月の審問までの間、児童保護施設の管理下で暮らすことになったようだ。

DailyMail.comによればリサは法廷書類の中で、11年間連れ添ったギタリストの夫マイケルの家宅捜索をビバリーヒルズ警察が行った際、マイケルの所有物とみられる80個の電気機器が見つかったとし、警察側がその証拠品を現在も分析中だと主張しているという。リサは「私はそれを聞いて驚いたし、憤慨したわ。テネシー州の法的機関も私の見つけた写真や動画に関して捜査中なはずよ」「それらの電子機器にほかに何が見つかるかなんて分からないし、まだ分析されていない機器の中にもっとひどい画像や証拠が含まれていたらと考えると恐ろしくもあるわ」と話す。

そして、推定資産3億ドル(約340億円)とされながらも、そのほとんどを使ってしまったというリサは、マイケルが子供たちに面会する際に監視をさせるため、ベビーシッター2人にも給料を支払う必要があるとしている。

2006年に日本で挙式したリサとマイケルは、昨年の6月に離婚申請をして以来、熾烈な離婚争いを繰り広げている。「相違できない不和」を理由に離婚申請したリサは、娘2人の親権を求めていると言われている。一方でマイケルはリサに月4万ポンド(約560万円)の扶養手当のほか、裁判費用の一部として10万ポンド(約1400万円)の支払いを求めているが、リサはマイケルに対していかなる手当も支払う必要がないと感じているとしたほか、自身も金銭的に余裕がないところで、離婚調停における自身の弁護士への支払いにも不安を抱えているほどだと明かしている。

またリサはその経済困難のために、元夫ダニー・キーオとの娘で女優のライリー・キーオ(27)の元で暮らさなくてはならなくなったくらいだという。

そんなリサにはダニーとの間に24歳の息子ベンジャミンがいるほか、過去にはマイケル・ジャクソンとニコラス・ケイジとの結婚歴もある。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop