リッキー・マーティン、婚約者との出会いはインスタグラム!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リッキー・マーティンは婚約者とインスタグラムで知り合ったそうだ。昨年11月にジュワン・ヨセフとの婚約を発表したリッキーだが、実は出会いがインスタグラムであったことを明かした。

シリウスXMラジオへの出演時、リッキーはアンディー・コーエンに「僕はフィアンセとインスタグラムで出会ったんだよ。僕はアートのコレクターで、彼はアーティストだからね。スクロールしていた時にとても美しい作品が目に入って、彼にメッセージを送ったんだ」「それから実際に会話することもなく、半年くらいメッセージを交換していたんだよ。アートの話だけしていて、セクシーな会話はなかったね。彼は当時ロンドンに住んでいて、ロンドンに僕が行った時に実際に会ったんだ」とそのいきさつを語った。

そんな出会いを経て、昨年4月に交際をスタートしてから同年11月には婚約というとても速い展開で進んだ2人のロマンスだが、リッキーはジュワンとの関係に確信を持っているようだ。「素晴らしく、魔法のような時を過ごして、おとぎ話かのような会話や素晴らしい経験を常に共有する相手がいると、これがそうなんじゃないかと思うものさ。そうしたら思い切ってそれに身を任せてみるものさ。僕は今の状況についてかなり確信を持っているよ。僕はどうしようもないほどロマンチストだからね」「(同性婚が法的に認められた後)『いつか僕もばかみたいな指輪をはめて愛を祝福し、家族や友人たちを盛大なパーティーに迎えて、ラテンらしいクレイジーな時を味わえたらいいな』なんて思っていたんだ。だから今回の結婚式は、中東とラテンが一度に思いっきり混ざったものになるだろうね。派手なパーティーになるよ!」

そんなリッキーはすでに8歳の双子の息子を持っているが、先日にはジュワンと娘を持ちたいという意向を明かしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop