コールドプレイ、 ブリット・アワードでパフォーマンスへ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コールドプレイが22日(水)に開催されるブリット・アワードでパフォーマンスすることになった。同アワードで、アルバム『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』からのヒット曲『ヒム・フォー・ザ・ウィークエンド』でブリティッシュ・シングルとブリティッシュ・ビデオ部門にノミネートされているコールドプレイは、会場となるロンドンのジ・O2で特別なパフォーマンスを披露するためにリハーサルを重ねていると関係者たちが話している。

ある関係者はザ・サン紙に「コールドプレイは英国の最も大きなバンドであり、彼らの存在は上層陣にとってマストな出演者なのです」「彼らは他の仕事もありますのでかなりギリギリになって出演を決めました。ずっとブリット・アワードではプレイしたいと彼らも思っていましたからね」と話す。

21日、2万人を収容できる会場にコールドプレイが姿を現したことから、パフォーマンスするのではと噂が立っていた。

つい先日には、エド・シーランの同アワードへの出演が決まっており、エドはニューアルバム『÷(ディバイド)』からの新曲を披露する予定だ。その他にも、ケイティ・ペリー、ブルーノ・マーズ、リトル・ミックス、ロビー・ウィリアムス、ザ・1975、エミリー・サンデーの出演が決まっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop