ケリー・ワシントン、『デッドプール』続編出演を熱望!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケリー・ワシントンが『デッドプール』続編でドミノ役を演じたいそうだ。2016年公開の大ヒット作『デッドプール』の続編にX-メンのミュータントの一人、ドミノ役で出演することが噂されているケリーがその噂についてコメントし、ぜひそのキャタクターを演じたいが製作チームがその役に「ふさわしい役者」を見つけなければならないと考えていることを理解していると話した。

米TV番組『エクストラ』の中でケリーは「それについて何も言えることはないわね!私よりも『デッドプール』続編の脚本家たちのほうがいろいろと知っているわよ。もちろん、私はその役を演じたいけどね。とはいえ、(製作側は)その役にふさわしい人を見つけなくてはいけないものでしょ」と語った。

以前、ライアン・レイノルズ演じるデッドプール/ウェイド・ウィルソンが主役の同作品にX-メンのミュータントであるドミノとケーブルが新たなキャラクターとして続編に加わることが発表されていた。

この役どころを演じる俳優について公式な発表はまだ行われていないが先日、ライアンが『ウルヴァリン』のヒュー・ジャックマン、元ジェームズ・ボンド役を務めたピアース、そして自身の3人が一緒に写った写真をインスタグラムに投稿したことからピアースがケーブル役を演じるのではないかと噂されているところだ。

2009年作『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』に初めてデッドプールとして登場したライアンは、まだこの役どころをやりきっていないと感じているようで「もし製作側が僕にデッドプールを演じさせてくれるなら、できる限り長くこの役を演じたいな。沢山の映画で語ることができるストーリーが僕たちにはあるからね」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop