マイケル・シャノン、『デッドプール』第2弾出演か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイケル・シャノンが『デッドプール』第2弾でケーブル役を演じる可能性が出てきた。製作会社フォックスがマイケルをケーブル役の第1候補として考えていると報じられており、主役デッドプールを演じるライアン・レイノルズと共演することになるかもしれない。

『デッドプール』第1弾は世界中で興行収入7億8300万ドル(約870億円)を上げており、第2弾には『X-MEN』の世界のキャラクターたちが登場する方向だとザ・ハリウッド・レポーターは報じている。

ケーブル役のキャスティングについてはファンの間で長らく噂が飛び交っているが、多彩な演技の才能を持ったマイケルには数々の作品からオファーが寄せられているため、この仕事の受託に向けて唯一の問題点となるのはその多忙なスケジュールとなりそうだ。アカデミー賞へのノミネート経験もあるマイケルはこの春より撮影がスタートするインディペンデント映画『ホワット・ゼイ・ハド』への出演契約を最近交わしたところで、バンクーバーで予定されている『デッドプール』第2弾の撮影は今年夏よりスタートすることになっているからだ。

その一方で第1弾でネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド役を演じたブリアナ・ヒルデブランドは自身の役どころがより「さらにかっこいい」ものになるといい、続編への期待を最近語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop