デニス・リチャーズとミーシャ・バートン、新作ホラー映画出演へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』のデニス・リチャーズと『The O.C.』のミーシャ・バートンがトム・ナゲル監督の新作ホラー映画『ザ・トイボックス』に出演する。

ナゲルの監督作2016年作『クラウン・タウン』に出演したジェフ・デントンが、ナゲル監督とともに脚本を担当しただけでなく出演することにもなるといい、すでに製作はスタートしているようだ。

同新作ホラー映画『ザ・トイボックス』は、荒廃した街にたどり着いた若者グループがピエロの格好をした精神異常者達に襲われる姿を描いた『クラウン・タウン』のストーリーラインに通ずるものがあるようで、国を横断する旅に出た家族が砂漠に迷い込み、数々の不吉な現象に巻き込まれていくストーリーになるという。

デニスはその中で子供たちを守るために奮闘する母親役を演じ、ミーシャは一人旅の最中に一家とともに超常現象に遭遇する人物を演じる。

ナゲル監督の弟ブライアン・ナゲル、グレッグ・ヴィオランド、マット・マーサー、マリカ・ミシェル、デイビッド・グレートハウス、ケイティ・キーンらも出演することが決定しており、『クラウン・タウン』のプロデューサーを務めたジェフ・ミラーがナゲル兄弟とともにプロデュースを行う。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop