エマ・トンプソン、プロデューサーの「痩せろ」発言で映画降板を考えた過去を告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エマ・トンプソン(57)は体重に関するプロデューサーの発言により、映画を降板しようとしたことがあったそうだ。エマは2008年、マーチメイン侯爵夫人を演じた『情愛と友情』の撮影中に、製作チームがある共演者について痩せるべきだと話しているのを耳にして大ショックを受け、今後そのような発言があった場合には映画を降板すると宣言したという。

降板しそうになった経験について尋ねられた際、エマは「『情愛と友情』という作品をやった時に素晴らしい女優さんがいたの。プロデューサーがその彼女に『ちょっと痩せてくれる?』って言ったのよ。彼女はこの上なく美しかったのによ!」「だから私は彼らに『今後、どんなかたちであってもそういうことをまた彼女に言うんであれば、私はこの映画を辞めるわ。絶対にしないで』って言ったの」と振り返った。

4月21日から日本でも公開が始まる実写版『美女と野獣』でポット夫人の声を演じているエマは、今後もそういった質問をされた場合には同じ態度を取る心構えのようで、「私に女優になってもらいたいの?それともモデル?」と続けた。

エマは人の容姿を非難することは病的な影響を及ぼすこともあることから、撲滅に向けて呼びかける必要があると感じているそうだ。北欧のテレビ番組『Skavlan』でエマは「そういう現実は悪よ。それに悪化してきているわ」「拒食症を引き起こすでしょ。女の子も最近では男の子だって子供たちは拒食症になっているし。30代の女優さんですごく細い人たちって、とにかく食べないの。食べないのよ...声を大きくして訴える必要がある問題っていうのが時にはあるわ。つまらないことだし、とにかく終わりがないんだもの」と語った。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop