ジョージ・マイケルの葬儀が執り行われる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年12月25日に自然死を遂げたジョージ・マイケルの葬儀が29日(水)午後、ロンドン北部のハイゲート墓地で執り行われた。葬儀のために、午後2時を過ぎた頃にジョージの恋人ファディ・ファワズが到着した姿が確認され、ケイト・モス、スパンダー・バレエのマーティン・ケンプらジョージの友人たちも駆けつけたようだ。

ジョージの遺体は霊柩車ではなくプライベートの救急車で墓地内に運ばれたとみられており、ジョージの母親の隣に埋葬されたとみられている。

ザ・サン紙によれば、埋葬の後、ジョージの父親や姉妹、従姉妹たちがジョージを偲ぶ会をジョージの自宅近くで開いたという。

最近では、ジョージがロンドンにある1000万ポンド(約14億円)相当の自宅を55歳の姉メラニー・パナイオトゥにに遺していたと報じられていた。

ある関係者は当時「ジョージは家族全員ととても仲が良かったですが、特にキャリア絶頂期の時にもそばにいてくれたメラニーとは絆が深かったんです。メラニーはジョージにとって一番古くから所有している物件の1つであるそのハイゲートの家をとても気に入っています。そこで2人は素晴らしい時を過ごしましたし、思い出深い場所なんです。メラニーは葬儀の計画を立てている間、そこに泊まっていますよ」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop