デーヴ・パテール、共演者と熱愛中?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デーヴ・パテール(26)が新作映画『ホテル・ムンバイ』の共演者であるティルダ・コブハム=ハーヴェイと交際中のようだ。先日行われたアカデミー賞では『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』の演技により助演男優賞にノミネートされていたデーヴは、ロサンゼルス内でティルダと手をつないでいるところが目撃されており、ティルダがここ数週間に渡ってハリウッドにあるデーヴの自宅に滞在していると言われている。

ある関係者は「デーヴは新恋人の存在を隠そうとしていたようですが、先週に目撃された際にはすっかりラブラブといった感じでした。ティルダはデーヴの新居に泊まっているようです」と話す。

最近はキャリアに集中していたデーヴだが、新作『ホテル・ムンバイ』の撮影でティルダに出会ったことで2人の関係が急接近したようだ。前述の関係者はデイリー・ミラー紙に「この恋愛は突然やってきました。でもデーヴは幸せそうです」と続けた。

オースラリア出身のティルダとの熱愛中の様子のデーヴだが、アカデミー賞式典には母のアニータを同伴していた。レッドカーペットを母と共に歩いたデーヴは、自身の夢が叶ったのは母のおかげだと語っていた。「何よりもまず、母が僕に演技をするように促したんだ。そして一生懸命取り組んで、最善を尽くすように育てられ、僕はその教えに従ってきたよ。母は自分の人生でもずっと一生懸命だったから、僕もそのお手本に見習ってやっていることを願うね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop