ルイ・トムリンソン、 恋人をかばって逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワン・ダイレクションのルイ・トムリンソンがロサンゼルス国際空港で恋人をかばって逮捕されたようだ。同空港で3日(金)、ルイはまずパパラッチ1人と、その後女性2人と争いを繰り広げて逮捕されすでに釈放されている状況だが、その詳細が明らかになりつつある。

レーダーオンラインが入手した映像では、同空港の手荷物受取所でルイとエレノアが歩いていたところ、エレノアの写真を撮ろうとするパパラッチが現れたために、それを止めさせようとルイはパパラッチに詰め寄るも、その後何かを拾おうとしてつまづいたことでパパラッチを誤って床に倒れさせたように見える。また、ルイがパパラッチと争いを繰り広げているその間に女性2人がエレノアに絡んでエレノアが部屋の隅に追い込まれたため、ルイはそれを止めさせようとすぐにエレノアの元に駆けつける様子が映し出されている。

最初のカール・ラーションというパパラッチとルイの争いについては、ある関係者は「ルイは、そのパパラッチがエレノアの写真を撮るの止めるのを拒否したために口論になりました」「結局ルイがその場を離れようとしたとき、2人はぶつかり、2人ともバランスを崩したのです」「暴行がなかったことは明らかです」「ビデオがそれを示しています」と説明する。

パパラッチのラーション氏は床に倒れた際に頭を打ったと主張しているという。

また、その映像の中でルイが女性たちからエレノアを守ろうと駆けつける前には「一体何が起こっているんだ?」「助けてもらえないのかな?」と発言しているかのようにも聞こえる。

映像からも見られるように、ルイ本人もこの一件が恋人のエレノア・カルダーをかばってのことだったと友人たちに話しているようで、関係者の1人はザ・ミラー・オンラインに「この女性たちはエレノアに襲い掛かったのです。ですから、ルイはすぐにその女性たちを押しのけたのです。ルイが恋人を守るためにやったこと全てだと断固とした態度を取っており、友人たちにもそう話しています」と説明する。

この一件は空港の警備が介入したことで収まり、ルイもエレノアもその場を去ったが、その後ルイは暴行の罪で逮捕されている。最初は2万ドル(約230万円)で保釈されたものの、3月29日にロサンゼルス市内の裁判所に出廷すれば、その保釈金を払う義務は発生しないという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop