ボーイゾーンのキース・ダフィー、クラブで6人の男から暴行?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーイゾーンのメンバーとして知られるキース・ダフィーがナイトクラブ内で6人の男から暴行を受けたと報じられている。キースは5日(日)未明にアイルランド、ダブリンにあるリリーズ・ボーデロのVIPエリアでその集団から暴行を受けたとみられており、ある目撃者はその事件の様子をオンライ版ザ・ミラーに「彼は何発か食らっていました。かなりの人数がいたんです。6対1ですよ」と語っている。

この事件はキースの妻リサが暴言を浴びせられ、キースが守りに入ろうとしたことがきっかけで勃発したとみられている。前述の目撃者は「リサがキースを探していた後に6人の男に囲まれる事態になっていました」「リサはこの男たちの態度に気分を悪くしていました」と話す。

最終的にはクラブの警備員が介入したというが、その頃にはキースとリサはすでに店を後にしていたという。

この事件でリサはまったく理由もなく暴言を吐かれていたそうで、とてもショックを受けていたようだ。別の目撃者は「リサはとても動揺していました。その男たちはただキースをターゲットにしただけで、何の理由もありませんでした。理不尽としか言いようがありません」と話している。

その事件の前にはキース夫妻は20歳の長男ジェイの俳優としての出演作が決定したことを祝い、家族でディナーを楽しんでいたところで、キースはその父親としての誇らしげな気持ちをツイートしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop